贈るコトノハ 味手筥(あじてばこ)をテーマに情景が浮かぶあいうえお作文です。味手筥

あ

「ありがとう。母さん」
父は照れくさそうに
母が大好きな味手筥を手渡していました。
誕生日でも母の日でもないし、
子ども心に不思議だった、あのシーン。
母に後から聞いてみたら
父の仲直りの合図。
けんかした後の
「ごめんなさい」の代わりだったと…
味手筥を食べるたびに父の顔が浮かびます。

じ

「自分にご褒美も大事」と、まりこ先輩。
先輩は、いつも笑顔が可愛らしくて一緒にいるだけで、
楽しい気分になります。
「この間、会社のプロジェクトが成功したから、自分にご褒美!と思って
味手筥を注文したの。届いてみたら、
ほんとうに誰かからプレゼントをもらったみたい。
だから、今日はみんなにHappyな気持ちのおすそわけ!」
まりこ先輩の心配りと美味しいおかきに
思わずみんなが笑顔になりました。

て

手をつないで、父と母と近くの公園までお出かけ。
我が家の休日の小さなお楽しみ。
父のリュックの中には
母が作ったおにぎりと冷たい麦茶と味手筥。
レジャーシートを広げて木陰で一休み。
父と母の会話を聞きながら
緑の葉が揺れるのを見ていました。
大人になっても思い出すたびに
胸がホッと温かくなります。

ば

バリバリ働いて、イケメンの先輩が
私の部署に異動になりました。
挨拶がわりにみんなに
持ってきてくれた味手筥。
「おせんべい、好きなんですか?」と聞いたら
「めちゃくちゃ好き。特に味手筥は、
形がかわいくて、いろんな味が楽しめるから、
大好き。味のれんはね、注文が入ってから、
作るから鮮度が抜群!だから美味しいんだよ」
味手筥のことを熱く語る先輩。
ますます好きになってしまいそう…。

こ

小鳥がさえずり、
新緑に柔らかな光がさす越路の里。
清らかな水辺にはホタルが舞います。
豊かな風土に恵まれた越路の里から
つくりたての美味しさをお届けします。
お客様の幸せを願いながら
今日も米菓づくりに励んでいます。

バックナンバー

夏・味手筥