米百俵シリーズ

小林虎三郎「米百俵の精神」

戊辰戦争で焼け野原になった長岡藩に百俵の米が贈られました。長岡大参事・小林虎三郎は「国が興るのも町が栄えるのもことごとく人にある。食えないからこそ学校を建て 人物を養成するのだ」と、教育の大切さを説き、米を売り教育資金にあてました。
その教育資金は国漢学校などに使われ、そこから多くの逸材が輩出され、新生日本の礎を築きました。
「米百俵の精神」は今も長岡の教育やまちづくりの指針となっています。